ハラスメントとは

相手方の意に反する性的な言動で、それに対する対応によって修学、就労、教育又は研究を行う上で、一定の不利益を与えたり(対価型)、修学・就労の環境を悪化させる(環境型)ことをいいます。
詳しくは、こちらをご覧ください。「セクシュアル・ハラスメントとは」

セクシュアル・ハラスメントの態様等によっては「本学の名誉・信用を傷つけ、その利益を害し、又は職員全体の不名誉となるような行為」に該当し、懲戒処分に付されることがあります。

あってしまったら

嫌なことは、相手に対して明確に意思表示をすること
セクシュアル・ハラスメント等に対しては毅然とした態度をとること、すなわち、はっきりと自分の意志を相手に伝えることが重要である。しかし、背景に上下関係等が存在する場合には直接相手に言いにくい場合が考えられ、そうした場合には手紙等の手段をとるという方法がある。
同僚や友人等身近な信頼できる人に相談したり、大学の相談員に相談すること
まず、同僚や友人等身近な信頼できる人に相談することが大切である。そこで解決することが困難な場合は、内部又は外部の相談機関に相談する方法を考える。
なお、相談するに当たっては、セクシュアル・ハラスメント等が発生した日時・内容等について記録したり、第三者の証言を得ておくことが望ましい。

セクシュアル・ハラスメント等に関する規程等

本学では、人事行政の公正の確保、役職員の利益の保護及び役職員の職務能率の発揮並びに学生等(学部学生、大学院学生、研究生、聴講生等をいう)の修学環境の維持・向上を図ることを目的として、『旭川医科大学セクシュアル・ハラスメント等防止規程』等を制定しています。

相談窓口